セミナーSEMINAR

受付は終了いたしました。

※セミナーの時間割については、お申込みの状況や構成によって変更させていただく場合があります。

セミナー会場フロアマップ

セミナールーム1 Fホール(定員90名)
① 新4K8K衛星放送受信用設備の施工等について 10:10~10:50 一般社団法人日本CATV技術協会 本部 事業推進部長 白柳 芳和氏 2018年12月に開始された新4K8K衛星放送を集合住宅で受信するために、既設の受信設備の改修を行う場合や新規に受信設備を整備する場合に必要となる各種の知識や情報を整理した「新4K8K衛星放送用棟内共同受信設備改修マニュアル」を解説します。
② 住友電工の高度化 CATVシステムへの取り組み 11:00~11:40 住友電気工業株式会社 ブロードネットワークス事業部 CATVシステム部 部長 泉 英介氏 伝送路の高度化(超高速IP伝送)と放送システムの高度化(4K放送とIP放送)を実現する当社ソリューションをご紹介いたします。
③ 次世代高速通信のご提案およびIP放送システムのご紹介 11:50~12:30 シンクレイヤ株式会社 技術部 IPソリューション課 伊藤 陽人氏 高速通信時代における次世代のケーブルテレビインフラのあり方をご提案すると共に、新規開発の「IP放送バイパス配信システム」等をご紹介します。
④ 4Kトランスフォーメーションに向けたパナソニックの取り組み 12:40~13:20 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社 STBネットワークBU 企画部 事業企画課・課長 影山 光宏氏 4K放送本格化に向けた様々な取り組みを紹介致します。
■放送サービスの高度化に対する取り組み。
■運用の高度化に対する取り組み。
⑤ コミチャンを新たなビジネスプラットフォームに 13:30~14:10 株式会社ニューメディア 本社システム開発本部 部長 茶谷 文哉氏 CP2(Contents Player for Communication Platform)は各種IDと連携することで、お客様との新たな接点を創出します。CP2上で動作する、AI搭載レコメンドエンジンのご紹介、CP2システムを事例を交えてご紹介します。
⑥ 宅内Wi-Fiルータのリモート管理を行うためのCWMP(TR-069)の活用 14:20~15:00 株式会社CCJ 技術本部 次長 兼 業務部 次長 伊達 英之氏 インターネット加入者にオプションとして提供するWi-Fiルータ。お客様からの通信に関する問合せや、機器保守サポートにどのように対応されていますか?本セミナーでは、リモート管理を行うCWMP(TR-069)に対応したWi-Fiルータを利用したリモートサポートの取り組みについてご紹介します。
⑦ ジャパンケーブルキャスト サービス&ソリューション2020 15:10~15:50 ジャパンケーブルキャスト株式会社 営業本部 ケーブルテレビ営業部 部長 小林 良二氏
営業本部 ソリューション事業部 部長 明石 創氏
ジャパンケーブルキャストがご提供する、「放送プラットフォームサービス」「地域情報配信プラットフォームサービス」を中心に、今後の取り組みやソリューションをご紹介させていただきます。
⑧ 4K+Upソリューション 16:00~16:40 ミハル通信株式会社 中国営業所 主任 楢木 宏和氏 4Kハイブリッドキャストを使った4Kコンテンツ伝送システム、 3.2GHz対応機器、FTTH監視装置、RFアナライザーをご紹介します。
⑨ ケーブルテレビの最新動向にみる次世代ケーブルサービスの在り方 16:50~17:50 一般社団法人日本ケーブルラボ 専務理事 松本 修一氏 ケーブル技術・サービスの最新動向とラボの技術検討を踏まえて、今後の映像・通信技術とサービスの在り方について提言します。
セミナールーム2 F2ホール(定員45名)
① シスコシステムズの最新CATVソリューション 11:00~11:40 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 シスコシステムズ合同会社 川島 誠一氏 シスコシステムズが提案するCATV向け最新のソリューションをご紹介いたします。
② 業務自動化ソフト「RPA」の導入に向けて 11:50~12:30 日本ソフト開発株式会社 地域主権システムプロジェクト本部 高原 清和氏 働き方改革の特効薬として注目を浴びている業務自動化ツール「RPA」導入に向けてのノウハウと弊社のサービスをご紹介します。また、RPA導入において課題となるOCRの活用についてもご紹介します。
③ 障害対策改修は監視から予兆改修(予防保全)へ 12:40~13:20 共栄システム産業株式会社 代表取締役 小森 和範氏 障害が起こってからの対応ではなく、PNMツールやリーケージテストなどを用い、障害が収まっている時のルーティーンワークとして計画的かつお客様満足度を向上させるインフラ作りの手法をご提案いたします。
④ 10G-EPONシステムFITELwave AGX5000のご紹介 13:30~14:10 古河電気工業株式会社 ブロードバンドソリューション事業部門 ブロードバンドシステム部 システム開発課 井上 結衣氏 9月に販売を開始したAGX5000は、従来製品に大幅な改良を加え、開発した製品です。本セミナーでは業界初であるPONインタフェースカードの冗長機能とマルチファンクションPONモニタ機能を中心にご紹介します。
⑤ 富士通グループの5Gに対する取組み 14:20~15:00 富士通ネットワークソリューションズ株式会社 運用・西日本事業本部 本部長代理 塚越 寿夫氏 国内5Gは、2020年春の商用化に向けた取組みが加速しています。5Gのテクノロジーは、モバイルキャリアだけでなく、企業・自治体などの様々なお客様で活用が期待され、ケーブルテレビ事業者様にとっても非常にインパクトがあるテクノロジーです。本セミナーでは、富士通グループの5Gに対する取組みをご紹介します。
⑥ ICS無線ソリューションについて 15:10~15:50 伊藤忠ケーブルシステム株式会社 CATV・ネットワーク営業部ネットワークグループ 今野 優太氏 LTEから5Gへと進んでいく中で、ケーブルテレビ局が何が出来るのか、何をサービスとして提供できるのかという視点で、弊社からワイヤレス製品を事例を含め紹介させていただきます。
⑦ 次世代の品質保証 R-Phy / D3.1を見据えたHFCとFTTHの監視とメンテナンス 16:00~16:40 東京電機産業株式会社 Viaviソリューションズ株式会社 エンジニア 髙張 太郎氏 DOCSIS3.1/3.0運用にて上り帯域品質管理が課題となっております。上り監視装置「パストラック」を使い上り品質管理と障害対策を御紹介します。下り信号を2分30秒にて測定する高速測定機「ONX630」を用い4K8K放送にも対応した下り品質管理を御紹介致します。